09.11.2012

Fotolog

WOWOWの生中継でご覧になった方も多いと思いますが、先週末のマルチネス対チャベス・ジュニアは中量級今年最高のカードにふさわしいドラマチックな内容。
ワンサイドのまま終わるかと思われた最終回に、ものすごいスリルが待っていました。

今回の撮影は「ディベラ・エンターテイメント社」のオフィシャル・フォトグラファーを兼ねてのものだったので、立場的には複雑だったのですが、純粋に堪能できました。

下の写真は前座の2タイトルマッチです。

先週末はオークランドに出張し、アンドレ・ウォード対チャド・ドーソンを取材しました。

展開を予想しにくい注目のカードでしたが、結果はウォードの圧勝。
昨年度のMVP男が、パウンド・フォー・パウンドの上位に浮上する可能性が、いよいよ高まってきました。

試合の公式ポスター、バナーに西岡選手の写真を使って頂きました。
昨年のマルケス戦のポスターに使用されたものと同じショット(ムンロー戦の写真)なのですが、今度はレイアウトの関係で反転されています。
右ジャブのように見えますが、本当は左ストレートを打っているところです。



08.2007

同スクエアで は試合をあおる前日イベントも開催され、たくさんのファンが集まりました。

上はサイン会を行ったノニト・ドネアとロバート・ゲレーロ。下は飛び入りのエイドリアン・ブローナー。

セミのライト級戦を偵察するために、日本からやってきた荒川仁人選手の姿もありました。

これは30日昼にラスベガスのトップランクジムで行われた「チャベス・ジュニア/メディアデー」の写真です。

公開練習を兼ねた行事だったのですが、チャベスが試合時間(夜)に合わせての追い込みトレーニングに入っているため、報道用のジムワークはキャンセル。
各メディアの個別インタビューのみ、という内容となりました。

計量が行われたのは、市役所の隣にあるスクエア。

開始が1時間遅れたため、炎天下で合計3時間待機することになってしまいました。
その場を離れずに機材を見張っていなければならなかったので、けっこうきつかったです。


先週は27日にロサンゼルスで行われた「西岡ードネア」の発表会見を取材。
両選手のツーショットが、とにかく印象的でした。「本当に実現するんだなあ」ということを改めて実感できました。

10月13日の試合が、非常に楽しみです。

09.18.2012

(C)Naoki Fukuda

WBCが8月15日付けの「WBCニュース」で、BWAAアワード受賞に関する上記のような嬉しい記事(バナーをクリック)を配信してくれました。大変光栄です。

09.01.2012