ノートルダム大出身の秀才ルーキー、マイク・リーはデビュー2戦目に2RTKO勝ち。

18日のメインイベント、モズリー戦はやや盛り上がりを欠くドローに終わりましたが、アンダーカードでは強烈なKOシーンが続出。写真はスーパー・ウェルター級の新鋭サウル・アルバレスが、タフなカルロス・バルドミールを6回KOに沈めたシーンです。

Fotolog
08.2007

(C)Naoki Fukuda

サイン会で人気を集めたマルケス兄とアブネル・マレス。

09.22.2010

アンダーカードに出場した新星ホセ・ベナビデスも、順当に2RTKO勝ちを収めました。プロ入り以来の連勝を8(8KO)に伸ばしています。

モズリー戦と平行して開催されていた、ゴールデンボーイ・プロモーションのファン・フェスティバル。ステープルズセンター横の駐車場にライブ用の舞台、移動ミュージアム、テカテ・ビアガーデンや屋外リングが特設され、計量、会見、サイン会などが行われました。
メキシコ独立記念日に合わせたイベントだったせいか、来場者のほとんどがメキシコ系のファン。屋台のタコスが、すごく美味しかったです。

ロサンゼルスに4日間滞在し、シェーン・モズリー対セルジオ・モーラ他のイベントを取材してきました。


セミファイナルからの一枚。ブランドン・リオスのコーナーに集結したメキシカン・ヒーロー(マルガリート、ガルシア、バルガス)。

同フェスティバルの会場で金曜日に行われた『前夜祭ファイト』は、来日経験がある二人の対戦となりました。
熱戦の末、ネストール・ロチャがホセ・ナバーロを判定で下しています。


先週は、ラスベガスのパームズ・カジノで行われたWBA・IBFフェザー級統一戦とその行事を5日間取材しました。
土曜の本番ではキューバの超エリート、ユリオルキス・ガンボアがオルランド・サリドに判定勝ち。無敗のまま2冠王に昇格しました。サリドの体重超過に、ガンボアの反則打など、いろいろとあった試合ですが、結果は大方の予想通りでした。

09.15.2010