Fotolog

08.2007

今週は総合格闘技UFCのイベントを取材するために、4日連続でマンダレイベイに通っています。メインに出場するヘビー級王者のランディ・クートゥアーは、なんと44歳。先月、同じ会場で試合をした42歳(私と同い年)のホプキンスと同様、驚異の40代です。スポークスマンとしてUFCスタッフの一員となった元王者のウェイン・マッカラーも、連日姿を見せています。
昨日は計量取材後、来週からミドルスクールへ上がる娘と学校のガイダンスへ。見た顔がいると思ったら、元ライト・ヘビー級王者・現トレーナーのエディ・ムハマド氏で、彼も娘さんを連れて来ていました。
ジムではいつも顔を合わせているものの、それ以外のところで会うと、なんなく不思議な気もします。

08.11.2007


8月11日にサクラメントで行われたボクシング版ワールドカップ第2弾「メキシコ対
フィリピン」は、意外にもフィリピン・チームの圧勝(5−1)に終わりました。
フィリピン・ボクシング界の、今の勢いを感じさせる内容と結果でした。

身長207センチの巨人選手、タイ・フィールズ専用のインターバル・スツールです。
スーパーなどで売っているカウンター用のハイスツールを、普通のイスとして使ってい
ますが、座っていてもセコンドより大きいので、見ているこちらの感覚が麻痺してしま
います。(9日、ラスベガス・ハードロック・カジノの興行で撮影)

08.25.2007

(C)Naoki Fukuda

08.15.2007


08.06.2007


デビッド・ディアス対エリック・モラレス戦当日(4日)のシカゴは、8月と思え
ないような肌寒さ。翌朝は土砂降りの大雨で、飛行機もキャンセルになって
しまいました。シカゴといえば、2年前のブリュスター対ゴロタ戦の際、泊まっ
ていたホテルが火事(斜め下の部屋から出火)になり、早朝に煙の中を避
難した思い出があります。