(C)Naoki Fukuda


07.19.2007

ホプキンス対ライト・イベントの最終会見(場所/ハウス・オブ・ブルース)にホル
へ・リナレスが出席。セミファイナルの王座決定戦がいまから楽しみです。

7月21日にラスベガス・マンダレイベイで行われるバーナード・ホプキンス対ウイ
ンキー・ライト戦の公式行事が昨日からスタートしました。写真は今日の個別イ
ンタビューの様子です


07.15.2007

会場のホームディポセンターはMLS・LAギャラクシーの本拠地でもあり、この前日に
ベッカムの入団会見が行われたばかり。報道陣が500人もつめかけたそうです。
周辺にはその前日の余韻がまだ残っていました。ベッカムのユニフォームを着た
サッカー少年もたくさんいました

この試合のレポートは「ボクシングマガジン」9月号に掲載されます

ニューヨークのカメラ店を発送後、迷子になっていた新しいバックグラウンド
がようやく到着。明日、撮影が一つ入っていたので、ホッとしました。

総合格闘技「UFC」の取材で、サクラメントのアルコ・アリーナに来ています。
同アリーナはサクラメント・キングスの本拠地ですが、当地で絶大な人気を誇った
1990年頃のIBFスーパー・フェザー級、WBAライト級王者トニー・ロペスの激闘の
舞台として記憶されている方も多いのではないでしょうか。
8月にはボクシング版ワールドカップの第2弾「メキシコ対フィリピン」が、ここで行
われる予定です。

Fotolog

07.2007

07.18.2007


07.11.2007


07.24.2007

タイトルマッチが行われたのはサッカースタジアムに隣接するテニスコート。
バレラ戦やコラレス戦、マルケス弟対バスケスなどが、同じスペースで開催されて
きました。


ご存じのように、帝拳ジム所属のホルヘ・リナレスが痛快な10RTKO勝ちで
WBCフェザー級王座を獲得しました。ホプキンス戦のセミファイナルで場所は
マンダレイベイ、相手はあのラリオスと、凄いことばかりです。米国での評価も
一気に上がりました。

カリフォルニア州カーソンで行われるアントニオ・マルガリート対ポール・ウイ
リアムズ戦取材のため、ラスベガスからロサンゼルスへ。普段は飛行機を利
用することが多いのですが、今回は雨天用・野外会場用の機材を持っていか
なければならいので、車で行きました。距離にして片道約500キロ。写真のよ
うな何もない荒野を延々と進み、山脈を7つほど越えなければいけません。
車の非力さもあって、けっこうしんどいのですが、今回は途中で山火事渋滞
に遭遇。そのおかげで周りの景色をゆっくりと見ることができました

07.07.2007